伊勢原FCフォレスト SDGsへの取り組み


人と森がよく育ち、共存する社会へ

サッカーチームとしてできること
伊勢原FCフォレストは、森林の管理放棄による植物の貧弱化や土壌流出、それに伴う、生物多様性の低下などを解決するために、地域産材や間伐材の活用を積極的に行っていきます。

その一環として、大人も子どももペットも憩い、癒される「木造サッカースタジアム」を地域の皆様と共に創るプロジェクトを進めています。

これまでの実績

SDGsカップ
子どもたちの子どもたちによる子どもたちのための運営で、子どもたちが自分で考えて行動できる力を育みながら、防災や環境について学ぶ機会を設けたSDGsカップを開催しています。

・DIYワークショップ
・防災体験
・乳がん啓発 (保護者向け)
・間伐材を使った盾で表彰
地域活動
地域のコミュニティ再生を目指し、地元の寺社仏閣と協力してイベントの開催等を行っています。伝統の継承と合わせて、子どもたちの和文化体験を通した集中力養成にも役立っています。

・法話と座禅会
・どんと焼きと立禅会
【協力】
 福知山 能満寺
 https://www.now-man.com/

自然体験

サーキュラーエコノミーの実現に向け、子どもたちの森遊びや、竹や間伐材を積極的に利用することを通して、自然に触れて考える機会を提供すると共に、自然との循環を創出しています。
       
・竹の脛あてづくり 
・DIYワークショップ
・竹や間伐材を利用したサッカーグラウンドの建設(予定)

自然体験

サーキュラーエコノミーの実現に向け、子どもたちの森遊びや、竹や間伐材を積極的に利用することを通して、自然に触れて考える機会を提供すると共に、自然との循環を創出しています。
       
・竹の脛あてづくり 
・DIYワークショップ
・竹や間伐材を利用したサッカーグラウンドの建設(予定)

これからのフォレストSDGs事業

木育 食育 住育 という「共育」を

サッカーにとどまらず、木育、食育、住育など子どもたちへの学びの機会を提供します。従来の一方通行の教育スタイルではなく、大人も子どもも同じ目線で感じ、発見を楽しみ、成長を喜びあいながら、親子が共に育つ、暮らしの「共育」を進めていきます。

大人も元気いっぱいにウェルビーイング
サッカー教育者として培ってきた、コーチングの技術を多方面に発揮します。幼稚園や小学校の巡回授業、企業のチームビルディングなどを実施し、たった45分、たったひとつのボールを通して、関わるすべての人の、心と体のウェルビーイングを引き出します。
遊休資産の活用と提案
空き家など地域の遊休資産を、間伐材を利用して再生し、クラブハウスとして活用していきます。また、地域の方々や企業と連携をしながらクラブハウスを拠点として、寺子屋運営、農業体験など、大人と子どものサードプレイスの創出に貢献します。さらに得られた知見を、医療施設や教育施設へ派生させ、新たな事業提案を行う計画です。

大人も元気いっぱいにウェルビーイング
サッカー教育者として培ってきた、コーチングの技術を多方面に発揮します。幼稚園や小学校の巡回授業、企業のチームビルディングなどを実施し、たった45分、たったひとつのボールを通して、関わるすべての人の、心と体のウェルビーイングを引き出します。

SNS・LINK

SNSはこちら
Facebook
Instaglam
youtube
Instaglam

一般社団法人 伊勢原FCフォレスト
MAIL:ifc.forest@gmail.com
TEL:0463-72-8353